0106-131
STAFF MESSAGE

仕事はいくらでも楽しくできる。

  • 日常に隠れている、ちょっといいこと。

    私たちの仕事は、スキルや知識と同等にチームワークも重要です。仲間と協力して作業を進めることも多いので、仲間と前向きなコミュニケーションが取れれば、仕事は自然と楽しくなる。そしてパフォーマンスも向上します。そこで、私が始めたのが「Good&New」という取り組み。これは、毎日行うメンバーミーティングの際に昨日あった良い出来事を各自一分間で発表する、というもの。これを実施したことで、「仕事中のいいことを探そう」と気持ちが前向きになりますし、お互いの価値観の理解にも繋がります。また、発表時間を設けることで話を要約する力が付き、お客様との会話もより上手に。結果、定期的に行っている社内アンケートでは社員満足度が向上。お客様の来店数も圧倒的に増えました。楽しみながら、パフォーマンスを出す。まさにイタバシらしい働き方を実現できたと思います。
  • 0106-126
  • いいものは積極的に試せる職場。

    実は、この「Good&New」という取り組みは、私がオリジナルで考えたものではなく、社内研修で学んだやり方をそのまま取り入れたものです。社内では研修や成功事例の共有が頻繁で、その背景には「いいものは積極的に取り入れよう」と、挑戦を後押しする風土があります。もちろん、そこに雇用形態の壁はありません。実際に私はいいアイデアを求めてアルバイトの方によく相談しますし、そこで生まれた新たな取組みは即採用します。上手くいけばそれでいいし、不都合が生じたらみんなに意見を聞いて修正すればいい。それを繰り返すことで仲間意識も高まり、職場の雰囲気もさらに良くなっていきます。このようなことができるのは、挑戦を認める風土があってこそ。自身の工夫次第で、仕事はいくらでも楽しくできるのです。
  • 0106-112 (1)
    • 0106-131
    • 齊藤 真 Saitoh Makoto

      2007年入社

      所属: セルフ大泉学園SS

      職種: サービスステーション 店長

  • 上司・先輩から見た 齊藤さん

    一見言葉少なく冷静沈着で寡黙なイメージですが、実は部下思いの熱血派で、自ら皆を引っ張っていくリーダータイプな齊藤さん。 結婚して、子供が出来てからは、優しいお父さん姿が見え隠れしています。