About us

イタバシが大切にしていること

Top Message 代表メッセージ


代表取締役社長 板橋 考史

私たちのエネルギーを明日に支えるエネルギーに活かしたい。

石油は毎日の生活を支える大切なエネルギーです。
私たちは、この石油エネルギーを主力商品として、安定供給のために積極的な活動を展開し、堅実にその実績を積み上げてきました。
現在、石油エネルギー、そして自動車産業を取り巻く環境は刻々と変化しています。
私たちの事業も、変化に合わせ、石油製品だけにとどまらず、保険・整備・鈑金・車販売・レンタカー、太陽光発電など新しい活動フィールドにも果敢にチャレンジし、対応しています。
そして私たち自身もまた、自分の成長のために、発想・気配り・接客・提案など小さなプラスを積み重ね、「新たな価値」を生み出せるよう取り組んでいます。
長い歴史の中で、たくさんのお客様と出会い、良い関係を築いてまいりました。
これが私たちの誇りであり、強みでもあります。
お客様の笑顔が私たちの笑顔につながる。そして、広く人を「笑顔」にするために存在したい。これが私たちの願いです。
より快適で、より豊かな明日に向けて。

Reason for Existence 存在意義

我が社は何のために存在するか?

我が社は、人を「笑顔」にするために存在する
(2014年1月)

解説

  1. 1我が社は「商人」であるから、まず「お客様の笑顔」を実現しよう。
    この「お客様の笑顔」によって、私達も笑顔になれる。
    これを進めて行けば、広く「人の笑顔」を実現していけると思う。
  2. 2「人の笑顔」は「人の満足の表れ」として、最終的には、広く世の中を明るくする。
    我が社はこの一筋のために存在する。
  3. 3私達はこの存在意義に賛同する人達と一緒に仕事をして来たし、これからもそうしたい。

Management Philosophy 経営理念

  1. 1社会に貢献すること
  2. 2必要な利益を上げること
  3. 3豊かな社会の一員となること

21世紀を期して「経営理念」を改めると共に、その実践を誓う(2000年6月)

解説

私達は、同じ目的で結ばれた仲間の組織である。
3つの目的から構成される経営理念を達成するために、この組織の総力を発揮する。

社会に貢献(販売の本質)

①善良な法人としての責任を果たすことはもとより
②社会の発展のために、商品やサービスを提供することにより
③お客様には満足を、私達には信用が残る結果を目指す。

必要な利益(責任)

会社の発展と社員家族の生活の向上に利益が欠かせない。
その利益は、私達の貢献が社会に認められて得られるものである。
そのために、
①お客様第一主義に基づいて
②失敗を恐れず、変化に対応し
③自らの実力を磨き、それを発揮し
④効率経営に徹して、必要な利益を上げる。

豊かな社会の一員(最終の目的)

会社の永続的な発展と社員家族の幸せとが、最終の目的である。
①お客様・お取引先・地域社会の方々が豊かになると同時に
②私達も、豊かな社会の一員として、健全で強い会社と社員との両立を目指す。

About us

イタバシの歴史

イタバシのあゆみ

創業社長である板橋幸二は、第二次世界大戦当時「石油配給公団」に所属し、潤滑油販売の担当でした。終戦後、公団解団も間近に迫った1945年(昭和20年)に、現在の本社所在地である早稲田の地で、親戚の支援も受け「スレートなどの建材」を扱う商いを始めました。当時は東京都内一面が焼け野原の状態でした。板橋幸二は栃木県出身でしたが、早稲田大学に通学していたので、この創業の場所に土地感があり、石油業への地固めをしていきました。
1949年(昭和24年)、公団解団と同時に「石油販売業の登録」の許可を取得。許可に必要な貯蔵タンクをご近所の「末商会様」に貸していただくことができ、これが当社の石油販売の始まりであります。
潤滑油が専門であったこともあり、昭和シェル石油(当時は昭和石油)と共同で「絶縁油」を開発したことから、日立製作所様や同系の日産自動車様とお取引が始まり、古河グループ様とは、アルミの圧延油を共同開発出来たことが現在に繋がっております。
このように、創業当時から、工業用の直需を主体にやって来た当社でありますが、モータリゼーションの動きに合わせて、ガソリンスタンドにも力を入れるようになりました。また、「配送」「貯蔵」という分野を固めて、お客様への供給に抜かりのないように進めてまいりました。
現在は、本社所在地の「東京都」と栃木支店所在地の「栃木県小山市」を中心とした関東地区に拠点を置き、従来からの直需およびガソリンスタンドに加え、保険・整備・鈑金・車販売・レンタカー・電力・太陽光発電などの分野にも、幅広く力を入れております。

このように私達の歴史を振り返ると「いろいろな時代に、いろいろな方々に巡り合え、ご指導とご支援を頂けたことで今のイタバシがある」と感謝の気持ちを感じずにはいられません。

沿革はこちら